経皮吸収
TAG

経皮吸収

経皮吸収 とは皮膚を通して成分が体内に浸透することをいう。医薬品はもちろんのこと、化粧品・入浴剤・プールの塩素など様々なシーンで浸透する。

経皮毒

吸収された物質の中で、有毒性のあるものを経皮毒といいます。これらは主に肝臓で解毒されますが、日々多量に摂取している現代の食生活を鑑みると、明らかに肝臓の機能低下に繋がり大変危険です。

経皮毒は種類が多く、複合的に害を及ぼすものもあるかもしれません。因果関係や副作用が不明なものが多いのが問題です。

また、環境ホルモンといわれる、内分泌かく乱化学物質はppb( 10億分の1g)ppt( 1兆分の1g)でも障害を引き起こすといわれています。

世界の規制状況

合成化学物質で体に悪影響があり危険とみなされているもの

日本    約100種類

アメリカ 約800種類

EU    約4000種類

吸収されやすいもの

皮膚の表面には角質層というバリアがあり、大きな分子は通過できません。しかし、シャンプーや洗剤などに含まれる界面活性剤をはじめ、日用品に含まれる化学物質は極めて分子が小さいため、簡単に皮膚を通り抜けてしまいます。

日用品に含まれる有害化学物質

合成界面活性剤( ノニルフェノール ・ ラウリル硫酸ナトリウムなど)

乳化剤( ポリエチレングリコール ・ プロピレングリコール ・ ジエタノールアミン ・ トリエタノールアミンなど)

酸化防止剤( ブチルヒドロキシアニソールなど)

保存料( パラベンなど)

紫外線吸収剤( オキシベンゾンなど)

染毛料( パラフェニレンジアミンなど)

着色料( タール色素)

吸収されやすい身体の部位

身体の部位によって経皮吸収されやすいところと、そうでないところがあります。
腕の内側を1とすると、頬では13倍。額では6倍、背中は17倍、生殖器は42倍です。

化学物質は身体のどこに溜まるか

経皮吸収された化学物質は脂に溶けやすいため、体中の細胞に取り込まれますが中でも脂肪組織に蓄積されます。

体の部位では皮下脂肪 ・ 内臓脂肪だけでなく、脳( 60%が油脂) ・ 精巣 ・ 卵巣 ・ 乳房などの脂肪の高い組織に多く溜まります。

経皮吸収率/Percutaneous-absorption
経皮吸収率/Percutaneous-absorption
経皮吸収率/Percutaneous-absorption
経皮吸収率/Percutaneous-absorption
  • 10/15/2023

【 天然 防虫剤 】おすすめ は レッドシダー / ローズマリー / 唐辛子 ※ 化学合成 の 防虫剤 は卒業しよう

衣類の 防虫剤 使用で健康被害を訴える人が多い実態と海外で使われていない 日本特有 の 石油化学合成 の 防虫剤 を調査し、おすすめ な 天然 の 防虫剤 も紹介する試みです。▶防虫剤▶レッドシダー▶ローズマリー▶天然防虫剤▶衣替え▶化学合成防虫剤▶癌

  • 08/28/2023

美のミネラル『鎂』 マグネシウム は マグネシウムパウダー で ※ おすすめ は エプソムソルトじゃなく 塩化マグネシウム

マグネシウムパウダー で デトックス しながら マグネシウム を 経皮吸収 する方法と マグネシウム不足 の理由を紹介。エプソムソルト/硫酸マグネシウム と 塩化マグネシウム の比較も。▶経皮吸収 ▶冷え性 ▶ストレス ▶マグネシウム ▶塩化マグネシウム ▶エプソムソルト ▶硫酸マグネシウム

Upgrade your physical condition !

Verified by MonsterInsights