日本の野菜 を外国人が食べない理由

【 日本 の 農薬 事情 】外国人が食べない日本の野菜の実態

日本の野菜 を外国人が食べない理由
日本の野菜 を外国人が食べない理由

▶農薬▶有機▶オーガニック▶野菜▶▶果物▶自然栽培

【賢く生きるカテゴリ】
困ったカラダで最も伝えたい内容が、この賢く生きるカテゴリです。
なかなか大雑把なタイトルなので解りにくいかもしれませんが
武井泄月袴イチオシ記事です。

日本だけにとどまらず、世界は歴史から地球の成り立ちまで、世界を牛耳るエリート支配者層により、捏造されてきたことが近年分かり始めています。
私達が知っている歴史は支配者層が改竄してきた記録であり実録ではありません。

食品・医療・メディア・教育・政治までもが、こんな具合にエリート層の利益の為に存在しています。
ですから私達一般市民は、世の中の悪意ある政治家や企業に搾取されないように賢く生きる術を学ぶ必要があります。

こんな記事を読む人は、概ね自炊している人だけのような気がします。
外食やコンビニ・スーパーのお惣菜で済ませている人や大酒呑みには、スルーな感じかもしれません。

自炊している人といえば、多くは主婦・主夫・単身赴任者・シニア世代に多いと思いますが、本当は病巣が育っていない若い世代に読んでいただきたい内容です。

最近、目に見えてオーガニック野菜や果物が目につきませんか?
これは、いつからかと言うとコロナ後からの現象です。

コロナ情報を調べる人が急増し、ネット上の健康に関するSNSやTW・ブログ記事を読んだ人が、黙っていられず発信し始めたことも大きな原因でしょう。

今回は、そんな状況を踏まえ、毎日食べている野菜にフォーカスし、日本の野菜事情に対する海外の視点などを比較も交えて紹介する試みです。


コロナ後に急速に増えたオーガニック野菜や果物。

コロナというキーワードから入って、ウイルス・ワクチン・免疫・健康へと広がり、食事に辿り着いた結果、無添加・オーガニック(有機)・無農薬と言った検索につながったのです。

更には、ヴィーガンファスティング・1日1食・1日2食・マクロビ・グルテンフリー・デトックス・・・とより深く調べる人も増え日本人の健康志向人口の増加は一気に加速しました。

栽培方法の種類

最も信頼できるのは自然栽培です。

農薬肥料
慣行 栽培
減農薬 栽培
特別 栽培
無農薬 栽培
有機 栽培
自然 栽培
※慣行栽培 ⇒ 農家の多くが実践する栽培方法は農薬使用。
※特別栽培 ⇒ 化学農薬・化学肥料を減らしている栽培法で無農薬ではない。

外国人が日本の野菜を買わない理由

❶ 栽培 ⇒ 世界中で規制されている農薬の使用
❷ 種や苗 ⇒ 固定種でなくF1種
❸ 水 ⇒ 使用する水道水が危険
❹ 価格 ⇒ 高すぎる

農薬 や 添加物 の話 VS「死ぬわけじゃない」反論

毎度のことですが、添加物や農薬の話を、したり書いたりすると必ず湧いてくるのが下記のような反論です。

死なない
体調に変化がない
国が安全だと言っている ※安全基準値内

そー思ってた時代 武井泄月袴
そー思ってた時代の武井泄月袴

本当にそーなんでしょうか?
それが真実なら、ナンデ日本人ダケ
2人に1人が癌に罹患し3人に1人が癌で死亡
しているんでしょーか?

日本人 癌 罹患率  2人に1人
日本人 癌 罹患率  2人に1人

死なないし体調に変化がないから食べる

病は突然やってきますが、1日で病気になっているワケではありません。
長年のある習慣が原因で病巣を育てていて、コップから溢れてこぼれる水のように、溢れた瞬間に発症するというシンプルな仕組みです。
体中の免疫が悲鳴を上げ、病巣に降参し我慢できない状態になったて初めて表面化しますので、その病巣の原因が常習化しなければ、病から少し遠のき長生きにつながります。

国が認可している安全基準値内だから食べる

日本の農薬の使用量は世界3位です。
また世界中で禁止や規制されている化学薬品が日本では野放しです。

以上を踏まえると
日本の基準値はエビデンスに欠け信憑性のカケラもない
と言わざるを得ません。

よって

そんなもん信じられるかっ 武井泄月袴

ということになります。

世界基準と日本の比較

世界の 農薬 使用量
世界の 農薬 使用量 2013年のデータより作成

農薬大国 日本

自然治癒力向上の関 ひろ子さんの投稿が、わかりやすかったので紹介します。

国内の農作物が安全だと思い込んでいる方もいますが、実は違います。
フランスの日本旅行者向けのパンフレットには
「日本の農薬使用量は世界トップクラスなので食事に注意するように」
と書かれているそうです。

私も以前に某サラダ専門店で食事をしていた際、舌が痺れて最後まで食べれなかったことがあります。
恐らく農薬がきちんと洗浄されていなかったのでしょう。

世界で農薬はどんどん規制されていますが、日本は緩和されており日本の農薬使用量は海外と比較しても多いです。

耕地面積あたりの有効成分換算農薬使用量グラフ
耕地面積あたりの有効成分換算農薬使用量グラフ

アメリカは日本の約6分の1。
ヨーロッパ諸国も少なく作物によっては100分の1のものもあります。
特にお茶は、収穫後洗浄することなく、加熱乾燥されて製品化されますので、特に残留濃度が高くなります。

農薬を摂り続けていくとどうなるか、、
ガン、神経障害、老化加速、アレルギー、鬱病、アルツハイマー、等々数多くの危険が指摘されています。

ピカピカで綺麗な野菜であっても、大量の農薬が使われている可能性があることを知っておきましょう。

あなたが口に入れるもので、未来のあなたが決まります。


農薬の種類

農薬とは農作物に悪さをする

・菌
・虫
・ねずみ
・その他の動植物又はウイルス

これらの、被害を防ぐために使われる薬剤や農作物の生育を良くしたり
おさえたりする薬剤のことを農薬といいます。

種類は大きく分けると下記の2種類です。

【特定農薬】と【登録農薬】

特定農薬

人体や環境に害がなく、害虫の被害を防ぐ効果のあるもの
「重曹」「食酢」「天敵」「エチレン」「次亜塩素酸水」の5種類。

登録農薬

毒性や効果などの試験データを農林水産省に提出し、認められ登録された農薬。

およそ4,500の商品が登録されており有効成分に関しては500種類以上が登録されています。

登録農薬
登録農薬

①殺虫剤
②殺菌剤
③殺虫殺菌剤
④除草剤
⑤殺そ剤
⑥植物成長調整剤
⑦その他

この7種類に分けられます。

殺虫剤

農作物に悪さをする虫たちを様々な薬の成分でやっつける農薬

殺菌剤

カビなどの植物病原菌を防ぐための農薬

殺虫殺菌剤

①の殺虫成分と②の殺菌成分を混ぜて、害虫、病原菌を同時に防ぐための農薬

除草剤

雑草類を枯らすための農薬

殺そ剤

農作物に悪さをする,ネズミ類を駆除する農薬

植物成長調整剤

農作物の発根・成長・開花をうながす、実を大きくする、種なし化
草丈を抑えて形を整えたり、倒れたりするのを軽減したりするための農薬

その他

忌避剤 鳥や獣が特定の臭い、味、色を嫌うことを利用した農薬
誘引剤 虫が特定の臭いやフェロモンに引き寄せられる性質を利用して
    害虫を一定の場所に集める薬
展着剤 薬剤が害虫の体や作物の表面に付きやすくするための農薬

日本政府の 農薬基準緩和 措置

ネオニコチノイド系農薬・フィプロニル

例えば、殺虫剤にあたるネオニコチノイド系農薬フィプロニル
効き目が強く、植物に浸透し、長い間効き目を持続させる農薬の代表で
日本ではよく使われています。

しかし、このネオニコチノイド系農薬やフィプロニルという農薬
実は、毒性が各国で認められてきている農薬です。

・EU諸国・・・全面禁止
・アメリカ・・・基本的に使用禁止
・台湾・ブラジル・・・一部の作物へ禁止
・日本・・・緩和

さらにネオニコチノイド系農薬の他にも、危険性が認められてきて
規制が進んできている農薬が、日本ではたくさん使われています。

輸入作物の収穫前除草剤グリホサート

このグリホサート、体に入ると、腸内細菌が損なわれ、腸が損傷して
様々な病気がおこります。
WHOも発がん性物質に指定。子どもの尿からも検出という深刻な事態です。

・日本・・・緩和
・フランス・・・2022年に禁止

輸入作物の防カビ剤 / ポストハーベスト農薬

輸入作物の輸送中などに、カビなどが繁殖しないように、収穫後に使う農薬です。
日本に届くまでしっかり「残留」することに意味がある農薬なので残留性がめちゃくちゃ高い。
栽培中に散布される農薬に比べ、非常に高い濃度のものを散布しているそうです。
その濃度は、なんと100倍以上と言われています。

これは収穫後に散布され、保存性を高めるために使用するので、食品添加物とみなされています。
発がん性や胎児に奇形が起こる危険性があるのにも関わらず、表示義務はありません

日本政府の姿勢がわかります。

ポストハーベスト農薬が使われる輸入作物の代表的な例です。

・柑橘系のフルーツ
・小麦
・バナナ(燻蒸剤として使用)


小麦なんて、日本は自給率が15%なので、市場に出回っている小麦が使われた商品は、ほぼ輸入小麦です。ということは、市場に出回っている小麦商品は、ほぼポストハーベストまみれということです。

こういった危険な農薬も日本は規制していません。

このようにして、日本政府は、数々の農産物の農薬基準を緩和してきました。
花井和重氏の記事からも緩和措置の様子が明示されています。

2013年10月

ほうれん草、白菜、カブなど40種の食品の農薬:クロチアニジンの残留農薬基準値を最大2000倍に引き上げ。

2015年5月

ドイツ、イタリア、フランス、などで禁止されている農薬:クロチアニジンとアセミタプリドの食品残留基準を大幅に緩和。

2016年7月

日本人の主食である稲にまでネオニコチノイド農薬のドローンによる空中散布を解禁。

2017年6月

WHOが発がん性があると評価しているグリホサート農薬の残留基準値をトウモロコシ5倍、小麦6倍、甜菜75倍、そば150倍、ひまわりの種400倍という、レベルまで引き上げ。

2017年7月

フランス、ドイツ、スウェーデン、ブラジル、オーストラリア、アメリカ、他14か国などで使用を禁止しているグリホサー ト農薬の残留基準値を最大400倍も緩和。

しかし、これらは一例にすぎません…つまり私たち日本人が知らない間に、家庭の食卓に乗る農産物は日本政府の異常なまでの規制緩和によって農薬まみれになってしまったのです。

農薬 が多い 野菜・果物 TOP10

農薬が多い野菜・果物

 1.いちご
 2.ほうれん草
 3.ケール、コラード、からし菜
 4.ピーチ
 5.洋梨
 6.ネクタリン
 7.りんご
 8.ぶどう
 9.パプリカ、ピーマン、唐辛子
10.さくらんぼ

※農家情報 番外編 シソ

農薬が少ない野菜・果物TOP10

 1.アボカド
 2.スイートコーン  ※意味・詳細不明
 3.パイナップル
 4.玉ねぎ
 5.パパイヤ
 6.さやえんどう
 7.アスパラガス
 8.メロン
 9.キウイ
10.キャベツ

農薬使用量の多い野菜と果物51選。1位はあの果物!

日本の農作物は海外に輸出できない

日本の農作物を海外に輸出しようとしても、農薬基準でひっかかって、拒否されてしまいます。
現に、徳島産「みかん」も、基準値の違いによりEUから輸入を拒否。
台湾では、残留農薬が原因で輸入不合格の食品は、中国よりも日本からのものが一番多いのです。

農薬除去・除菌剤

農薬を少しでも減らしたい方には、ホタテの力くん安心やさいをおすすめします。
下記のように農薬が浮いてきます。
私は近所でホタテの力くんが売っていたので買って使っていましたが、浮いてきた油を見て思わず「マジかっ!」と声を上げてしまいました。

ホタテの力くんで取れた農薬
ホタテの力くんで取れた農薬

安心やさいで浮いてきた農薬
安心やさいで浮いてきた農薬

ホタテの力くん

ホタテの力くん
ホタテの力くん

残留農薬やワックスなどの有害物質を除去し、さらに野菜の鮮度が通常より2~3日保持できます。

安心やさい

安心やさい
安心やさい

「安心やさい」はホッキ貝殻から生まれた、ノンケミカルの野菜洗浄剤です。
食材表面に付着する見えない汚れ(有害物質・農薬・腐敗菌)を除去。
細菌の繁殖を防止します。その除菌力はカキやホタテの数倍以上です。

※商品説明によると、安心やさいの方が強力みたいですので次回は試してみたいと思っています。

下記のトリビアオタクさんの実験動画は、非っ常に解りやすく面白いので3連続一気見でご覧ください。

農薬がみるみる取れる!野菜や果物の正しい洗い方

野菜の農薬の落とし方。えげつないほど取れた

重曹水で農薬が取れるか実験をしました!

まとめ

最近TWでも下記のような投稿が目立って多くなりました。
僕が総理大臣になったらという投稿を紹介します。

在日支配システムが、そもそも今の日本の根幹なので
在日支配システムがなくならない限り何をやっても上滑りだ
とリプライしました。

在日支配システム
戦後、戦勝国アメリカなどの西側諸国が日本を統治するためにとられた政策のひとつで、日本人の顔をした工作員を間接的に使うことで、日本人からの反感を買わないよう占領・統治するという巧妙な統治システムのこと。

この統治システムに在日が使われている為、この支配体制を在日支配システムと呼ぶ。

関連記事

テレビ は スポンサー の宣伝しかしない⇒日本人が不健康なワケ▶テレビ ▶TV ▶メディア ▶西側諸国 ▶スポンサー 【賢く生きるカテゴリ】困ったカラダで最も伝えたい内容が、この賢く生きるカテゴリです。なかなか大雑把なタイトルなの[…]

テレビ は スポンサー の宣伝しかしない 日本人が不健康なワケ

冒頭で述べたように農薬まみれの野菜だけに留まらず
医療・食全般・メディア・教育・政治・・・社会の全てが
統治者の利権・利益に繋がるようになっています。
これが敗戦国の日本の現状で、占領統治されている国の実態です。

日本政府の背後にいる極悪人に正義の鉄槌が下り
心休まる日々が私達日本人に訪れることを心から祈っています。
そして卑劣な破壊工作を仕掛け
私達を苦しめる輩が全て厳正に裁かれ
この地上に真の平和と安息が訪れますことを心から祈ります。

祈り

日本の野菜 を外国人が食べない理由
最新情報をチェックしよう!

Upgrade your physical condition !

Verified by MonsterInsights